【PR】競馬で勝ち組になるためには情報収集とデータ分析が必須!「でも・・自分では面倒だしやりたくない!」そんなアナタを全力でバックアップ!財布が膨らんで競馬がもっと楽しくなるはず★毎週無料情報も提供中で安心の競馬情報サイトは「ベストレコード」
ベストレコード 競馬

2010年05月14日

名手の血統 福永祐一

fukunagayuichi.jpg■福永祐一

生年月日 1976年12月9日
身長 160.0cm 体重 51.0kg
血液型 B型 星座 射手座
初免許年 1996年
出身地 滋賀県
所属 栗東 所属厩舎 フリー
初騎乗 1996年 3月 2日 1回中京1日 2R マルブツブレベスト( 1着/ 16頭)
初勝利 1996年 3月 2日 1回中京1日 2R マルブツブレベスト

【プロフィール】
天才と呼ばれたJRAの元騎手・福永洋一の子としてデビュー当時から注目を集めた。元々は北橋修二厩舎にてデビューし現在はフリー。96年3月2日の中京2Rで初騎乗初勝利を飾ると、続く3Rも勝ってデビュー2連勝を飾る。初年度は53勝で97年に重賞初勝利を挙げ、4年目の99年に桜花賞でG1タイトルを手にする。05年には自己最多の105勝をマークし、重賞は16勝、G1レースは5勝と活躍。米のアメリカンオークも獲っている。08年の9月27日に通算983勝で偉大な父の勝利数に並ぶ。同年の11月には1000勝を達成!

【主な騎乗馬】
プリモディーネ(桜花賞)/エイシンプレストン(朝日杯3歳S)/エイシンチャンプ(朝日杯FS)/サニングデール(高松宮記念)/ダイワエルシエーロ(オークス)/メイショウボーラー(フェブラリーステークス)/ラインクラフト(桜花賞、NHKマイルカップ)/シーザリオ(オークス)


【コネクション】
父は元JRA騎手の福永洋一。伯父の福永甲は現役のJRA調教師。伯父の福永尚武は船橋競馬で活躍した騎手。他にも血縁のある人間は多い。厩舎は松田国英、藤原英昭、領家政蔵など。エージェントは、岩田、四位、川田将雅などを抱える小原靖博ライン。関東で騎乗する場合は別の人間がエージェントの世話をすることもある。


【重賞成績】
★G1レース 13勝
★G2レース 15勝
★G3レース 41勝

【単勝】

09年:単勝平均配当(円)¥837円
   単勝回収率(%)97%

08年:単勝平均配当(円)¥580円
   単勝回収率(%)62%

【複勝】

09年:複勝平均配当(円)¥266円
   複勝回収率(%)84%

08年:複勝平均配当(円)¥279円
   複勝回収率(%)83%

▼09年単勝最高配当額
4/12 ¥6410円 3歳未勝利 ヤマノローラ

▼08年単勝最高配当額
7/19 ¥5580円 3歳未勝利 ショウナンサヴァン
posted by トップジョッキー at 18:36| 福永祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。