【PR】競馬で勝ち組になるためには情報収集とデータ分析が必須!「でも・・自分では面倒だしやりたくない!」そんなアナタを全力でバックアップ!財布が膨らんで競馬がもっと楽しくなるはず★毎週無料情報も提供中で安心の競馬情報サイトは「ベストレコード」
ベストレコード 競馬

2010年05月06日

今一番輝いている騎手!横山典弘

yokoyamanorihiro.jpg■横山典弘

生年月日 1968年2月23日
身長 163.0cm 体重 49.0kg
血液型 O型 星座 魚座
初免許年 1986年
出身地 東京都
所属 美浦 所属厩舎 フリー
初騎乗 1986年 3月 1日 2回中山3日 2R リキアイシンプウ( 3着/ 12頭)
初勝利 1986年 4月 29日 2回東京4日 12R キオイゴット

【プロフィール】
父も兄も騎手という環境で育ち、86年に石栗龍雄厩舎所属にてデビュー。88年にウィンターS(ソダカザン)で重賞Vを決め、90年のエリザベス女王杯(キョウエイタップ)でG1初勝利を飾った。95年には130勝を挙げて関東リーディングに輝いている。97年にはドバイワールドカップに挑んだが、騎乗馬のホクトベガはレース中に故障、予後不良となった。00年には通算1000勝を達成し、05年には自己最多の134勝を挙げている。G1レースは16勝しているものの、2着が38回と圧倒的に多く、G1前になるとこの話題が取り上げられる。昨年は日本ダービーをロジユニヴァースで制覇し悲願のダービージョッキーとなった。今年も横山典弘の快進撃が続き現在、全国リーディングトップを独走している。今年は典の年かも。


【主な騎乗馬】
メジロライアン(宝塚記念)/トロットサンダー(マイルCS,安田記念)/ホクトベガ(フェブラリーS、当時はG2)/サクラローレル(天皇賞・春、有馬記念)/セイウンスカイ(皐月賞、菊花賞)/イングランディーレ(天皇賞・春)/ロジユニヴァース(日本ダービー)


【コネクション】
父の横山富雄と兄の横山賀一は元JRA騎手。叔父の奥平真治は元JRA調教師で、義弟の菊沢隆徳は現役のJRA騎手。長男の横山和生は競馬学校で勉強中。コネクションの強い厩舎は奥平雅士、萩原清、古賀史生、鈴木康弘。特定の馬主はいない。エージェントは専門紙のトラックマン(他に田中博康を担当)


【重賞成績】
★G1レース 16勝
★G2レース 39勝
★G3レース 57勝

【単勝】

09年:単勝平均配当(円)¥470円
   単勝回収率(%)76%

08年:単勝平均配当(円)¥649円
   単勝回収率(%)90%

【複勝】

09年:複勝平均配当(円)¥221円
   複勝回収率(%)87%

08年:複勝平均配当(円)¥227円
   複勝回収率(%)77%

▼09年単勝最高配当額
6/13 ¥2360円 稲村ヶ崎特別 トランスワープ

▼08年単勝最高配当額
5/17 ¥4890円 3歳未勝利 ダイバーシティ
posted by トップジョッキー at 16:53| 横山典弘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。