【PR】競馬で勝ち組になるためには情報収集とデータ分析が必須!「でも・・自分では面倒だしやりたくない!」そんなアナタを全力でバックアップ!財布が膨らんで競馬がもっと楽しくなるはず★毎週無料情報も提供中で安心の競馬情報サイトは「ベストレコード」
ベストレコード 競馬

2012年10月20日

菊花賞はこの2頭で決まり!

クラシックの最後の1冠を賭け若き3歳馬が死闘を繰り広げる菊花賞。距離は京都芝3000m外で行われるレース。このレースは素直にダンスインザダーク産駒やロベルト系のサンデー系を両方持つスタミナ血統の馬をチョイスすることが望ましい。

神戸新聞杯はどちらかと言えばスタミナよりも末脚が重要なレースであり、そこで上位の馬よりも切れ負けしたような馬のほうがこのレースには合っている。

昨年はオルフェーヴルが能力の違いを魅せつけて優勝したが、毎年3冠馬になれるような馬がいるとは考えにくい。また長距離戦は馬券的に荒れる傾向も強いので馬券購入はできれば広く拾っておきたい所だ。

しかし今年はゴールドシップの前走である神戸新聞杯の内容も圧巻だったことと、相手関係見る限り今年の菊花賞はゴールドシップの1本被りではないだろうか。相手筆頭はスカイディグニティ!


posted by トップジョッキー at 11:00| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

秋華賞は紐探しがポイントだね

内枠、先行馬が有利になりやすく、速い上がりが求められるローズSとは逆の適性となっているので注意が必要。それが過去の傾向からみてもローズSからの連勝馬が出にくい要因となっているのは明らかだ。

万馬券を出してくれるような馬の条件としては夏に条件戦を勝っているような馬が多い。クイーンSで1着馬は信頼度は高いかもしれない。この秋華賞では08年のブラックエンブレムが1着になって特大馬券を出したことを覚えている人も多いのではないだろうか。

09年からはそこまで荒れる競馬にはなっていない。


今年は桜花賞、オークスを制したジェンティルドンナが史上4頭目となる3冠牝馬を目指します!相手筆頭は桜花賞、オークス共に2着だったヴィルシーナ、アイムユアーズ、アロマティコ、ハナズゴールで勝負!穴としてはハワイアンウインドが面白い。





posted by トップジョッキー at 19:00| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

府中牝馬ステークスを読む

東京競馬場開幕2週目ということもあり基本的には前残りと内枠が有利になりやすいコース。

過去のレース傾向から見ていくと前走3コーナーで2番手以内馬か上がりが2位以内の馬が馬券に絡んでいることが分かる。それと前走がG2やG1組が人気でよく消えるので注意が必要。

11年は1番人気のアパパネや2番人気に推されたレディアルバローザも共に14着・8着と大敗している。
傾向としては、枠順は外枠が有利であり、脚質だと差し以外で狙いたい!

今年の府中牝馬ステークスで有力馬として考えているのはドナウブルー、オールザットジャズ、レインボーダリア、ホエールキャプチャ、マルセリーナあたりではないでしょうか。

ドナウブルー



posted by トップジョッキー at 16:04| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。