【PR】競馬で勝ち組になるためには情報収集とデータ分析が必須!「でも・・自分では面倒だしやりたくない!」そんなアナタを全力でバックアップ!財布が膨らんで競馬がもっと楽しくなるはず★毎週無料情報も提供中で安心の競馬情報サイトは「ベストレコード」
ベストレコード 競馬

2012年02月25日

開幕週は内枠有利!阪急杯

阪神競馬場で行われる阪急杯 芝1400・外は開幕週ということもあり内枠が圧倒的に有利である。

昨年の阪急杯は15番のサンカルロが勝利したが、外枠に入った人気馬はそれでも危険だと言える。

またダート適性のある血統のほうはよく走る傾向。

重賞ではなく平場であれば平田修厩舎の安定感は連軸向きだと言える。

妙味を狙っていくのであれば特別戦で福永祐一騎手を狙うのがポイント!2〜3歳馬であれば坂口正則厩舎は鉄板だといえるので見つけたら黙って買いです。
posted by トップジョッキー at 18:00| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタミナがある馬強い!中山記念

中山競馬の芝1800メートルは、同競馬場の芝2200や芝2500などと同じく特殊な中山適性が求められる。

そのために現在の主流であるサンデー系の切れ味はあまり合わないといえるのではないだろうか。

しかし11年はサンデー系が上位を独占したがどの馬も切れ味型の馬ではなかった。

血統的にこの中山芝1800に合うのは欧州系のノーザンダンサー系やトニービン系などのスタミナ血統が良い。脚質的には先行力が問われるレースで最近のレースで4コーナーで5番手以内に入っていないと厳しい傾向。
posted by トップジョッキー at 09:00| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

アーリントンカップは開幕週だぞ

アーリントンCは開幕週に開催される。

開幕週の特徴としては先行馬が圧倒的に有利であり、近走で前々で競馬をしている馬でないと厳しいレースになる傾向が強い。

さらに3番より内の馬が例年1頭は馬券に絡んでいるように極端に内枠が有利なのも特徴の一つ。

そのためダッシュ力が求められ、ミスプロ系やダートのリーディング上位種牡馬の血統を持つ馬や、仕上がりの早い外国産馬が有利である。

逆に早い上がりで勝ち上がってきたサンデー系には注意が必要。
posted by トップジョッキー at 10:00| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。